神奈川・保土ヶ谷では福島県のチームを招き交流

  • 神奈川・保土ヶ谷では福島県のチームを招き交流

JFAフットボールデー in 神奈川県は2011 年8 月27 日(土)、県立保土ヶ谷公園サッカー場で行われました。
午前、午後合わせて約700名が参加。福島県の相馬市選抜チームも招待し、交流を図りました。
img_2624-3.jpg

担当者コメント(抜粋)

  • 午前の部U-6 については、16 チームの参加で4 ブロックに分け総当りのリーグ戦を行った。(試合時間10 分)芝生の上で子どもたちは、思いっきりボールを蹴りあいサッカーの楽しみを満喫できたと思う。また、保護者の方々も大勢来場し、大きな声援をおくっていた。
  • 午後の部では、国際交流大会として、横浜市都筑区にある東京横浜ドイツ学園が参加していただき、大会を盛り上げることができた。
  • 一般財団法人世界こども財団と星槎グループの協力を得て、福島県相馬市から選抜チームを招くことができ、サッカーを通じた交流支援活動を実施することができた。
  • 神奈川観光協会とタイアップし、物産展及び飲食店を催し大会を盛り上げた。また、当初参加予定であった在神奈川韓国チームからも、観光リーフレットや飲料水・帽子の提供があった。生憎の天候であったが、参加者以外にも公園利用者の方々の利用もあった。
  • 午後の部は優勝チームにトロフィー、賞状を贈呈、全チームに参加賞、相馬選抜には試合球の贈呈を行い、締めくくった。U-10 の優勝チームは、坂本SC・U-12の優勝チームは、川中島SC となった。

ページの先頭に戻る